【Fusion360】コマンド紹介 「コイル」の使い方

3/15/2022

CAD Fusion360 Fusion360-コマンド

t f B! P L

【Fusion360】コマンド紹介 「コイル」の使い方




Fusion360のコマンドを備忘録もかねて操作方法を紹介します

今回はコイルのコマンドです

コイルのコマンドを使えば簡単にばねの形状を作成することができますよ


操作方法

それでは操作方法を紹介します

1、コマンドを選択

コマンドの位置はこちら↓



「作成」の中を展開します

その中に「コイル」の項目があるのでクリック




2、面を選択

作成したい平面を選びましょう




3、スケッチ作成

円形のスケッチを描きます

基準となる点を選択すると自動で円形スケッチが書けます


コイルの直径を決めます




4、サイズを指定

スケッチを書くと下図のようにコイルが現れます

メニューからコイルのサイズを指定しましょう




断面の形状を選べます
正方形にするとこんな感じ


三角にするとこんな感じです


5、完成

OKを押せば完成です




まとめ

今回はコイルのコマンドの使い方を紹介しました

コイルのコマンドを使えばあっという間にばねの形状を作成することができます
断面を変えると面白いですね

コマンドを使いこなして効率よくモデル作成したいです

このブログを検索

スポンサーリンク

ABOUT



CAD日和 / CADデザイナー

 三次元CADのFusion360やSolidWorksなどの操作やデザイン作成の紹介、3Dプリンターや機械設計について書いてます。

QooQ