【Fusion360】歯車(gear)のモデルを簡単に作る方法

1/05/2022

CAD Fusion360 Fusion360-モデル

t f B! P L

【Fusion360】歯車(gear)のモデルを簡単に作る方法

歯車のモデルを簡単に作る方法がFusion360には用意されています

今回は歯車の作り方を紹介します





操作方法

1、アドインをオン

画面上のツールバーの「ツール」のタブをクリック

                   ↓


次に「アドイン」をクリックします

アドインをクリックすると「スクリプトとアドイン」という項目がありますので
ここをクリック

2、メニュー表示


すると以下のようなメニューが表示されます

下にスクロールし「SpurGear」を選択、実行します



「SpurGear」の項目が2つ見えていますが、私が試したところどちらでも同じ結果になりました
ネットで調べているとそれぞれ紹介しているサイトが見つかりましたので、どちらを実行したも大丈夫そうです

また、実行を押すとGearのコマンドが表示されるようになると紹介しているサイトもありましたが、私のサイトでは表示されませんでした
何か設定があるのか…
調べて分かったら追記したいと思います

3、歯車作成

実行を行うと以下のようなメニューが表示されます
ここで細かい値を入力し「OK」を押せば自動的に歯車のモデルを作成してくれます

表示はすべて英語です
私も歯車に詳しくないので意味を調べました

4、表示の意味

歯車のメニューに表示される意味は以下の通りです

standard       Metric  単位をmm (ミリ)に設定
           English  単位をin (インチ)に設定
Pressure Angle    歯車の歯の角度
module       歯車の歯の大きさを決める
number of Teeth   歯の数
Backlash       歯がかみ合う時の隙間
foot Fillet Radius   歯すみ部
Gear Thickness    歯車の厚さ
Hole Diameter    中心の穴径

まあはじめはよくわからないと思います
私もいまだによくわかっていません(笑)

いろいろ数値をいじってみてモデルの形状を見ていくと面白いと思います

5、モデルの再生と修正

「OK」を押すと以下のようにモデルが表示されます

モデルの履歴も通常のモデルの履歴と同じように、画面下部に表示されます
ここを直接変更しても修正できますよ





まとめ

今回は歯車の作成方法を紹介しました

1から作ろうと思うとなかなか面倒なのでこのツールを使い簡単に作成しましょう


細かい数値も設定できるので、実務にも使用できるかと思います

また、歯車をよく知らない人でも簡単に作成できるので、合致の練習やアセンブリに組み入れたりと練習にもなるかと思います


それにしても歯車の形状は「ザ機械」という感じがするのでモデルを見るとテンションが上がりますよね(笑)

歯車が組み合わさり動力を伝えていく様は惚れ惚れしますよね

本当に美しいと思います


皆さんもぜひ歯車に触れてみてください!

このブログを検索

スポンサーリンク

ABOUT



CAD日和 / CADデザイナー

 三次元CADのFusion360やSolidWorksなどの操作やデザイン作成の紹介、3Dプリンターや機械設計について書いてます。

QooQ